ノロウイルスによる食中毒注意報発令中!!

2017年11月8日

ノロウイルスによる食中毒注意報発令中!!

 

 

平成29年11月7日付けで注意報が発令されました。

 

(期間:平成29年11月7日から平成30年1月15日まで)

 

 

ノロウイルスの主な感染経路は!

 

1 食品取扱者が感染しており、その者の手を介して汚染された食品を食べた場合
※ ウイルスに感染すると、1週間程度(長ければ2~3週間)は便中にウイルス
が排出されますので、下痢等の症状がなくなっても油断はできません。

 

2 汚染された二枚貝を、生あるいは十分加熱調理しないで食べた場合
※ 飲食店などで二枚貝を生で客等に提供することはリスクを伴います。

 

3 患者のふん便や吐物から二次感染した場合
※ 家庭や共同生活施設などで、おう吐物等の処理を適切に実施しなかった場合、
タオルやドアノブ等を介して、二次的にウイルスが口に入り込み感染します。
(食中毒とは区別されます。)

 

○ノロウイルス食中毒の防止法は!

 

1 調理前やトイレの後の手洗い・消毒を徹底しましょう。
2 手洗いの後、使用するタオル等は清潔なものを使用しましょう。
3 二枚貝の生食は避け、十分に加熱(85~90℃、90秒
以上)しましょう。
4 まな板、包丁、ふきんなどは熱湯や消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム)で十分消毒しまし
ょう。
《食品を取り扱う施設の営業者は》
5 調理従事者は、下痢、吐き気、おう吐、腹痛、発熱など風邪に似た症状があったとき
は、調理行為に携わらないようにするとともに、医療機関等に早めに受診しましょう。
《二次感染を予防するために》:ご家庭や保育園、学校などでは
6 患者の便、おう吐物の処理には細心の注意を払いましょう。

 

以上のことに注意して、食中毒防止に努めましょう。

 

○お問い合わせ先

 

愛媛県保健福祉部健康衛生局薬務衛生課

TEL 089-912-2395

FAX 089-912-2389