旧末光家住宅の一般公開が行われました。

2014年2月3日

旧末光家でミニ講座や宇和特別支援学校学習発表

 2月2日に旧末光家住宅の一般公開が行われました。毎月第1日曜日に市が実施しています。

 広い土間では、まず、町並みに隣接した宇和特別支援学校(聴覚障害部門)の学習発表が行われました。

 中等部では、卯之町の町並みで少女期を過ごし日本初の産科女性医師となった楠本イネの生き方を学び、その物語を昨年の学習発表の舞台で演じました。

 今回は、その演技を撮影したものが紹介され、参加者は、一生懸命の演技と学習の成果に触れ感心していました。

 つぎに、高等部3年の善家理絵さんが、これまでの学校生活と中町と関わってきた思い出を語ってくださいました。

 0歳からここまでずっとお世話になってきた学校、地域を離れ一人で暮らし始める善家さん。その決意とそれを一生懸命に伝えようとする善家さんの姿に、参加者は胸を打たれ、じっと耳を傾けていました。

 第2部では、愛媛県歴史文化博物館の大本敬久専門学芸員から「お正月と節分」と題してミニ講演がありました。

 お正月と節分の話題を中心に、旧暦と新暦、暦や行事の地域性など、珍しい事例をはさみながらわかりやすくお話ししていただきました。

 

 

 広い土間に多くの方が集まっていただきました。 

 

おイネの物語に見入りました。

 

 

旧末光家住宅について

 末光家が単独で修復保存工事を行ったこの住宅は、明和7年(1770年)の建築とされ、卯之町の町並みに残る住宅では最古のものである。

 この商家において、末光家は「清澤屋」の屋号で酒造業を営み、大正時代からは醤油の製造販売を始めた。このほか、第17代末光千代太郎が昭和23年に伊予合同銀行(後の伊予銀行)頭取に就任するなど、卯之町のみならず県内の経済発展に貢献した。

 また、同住宅は、平成25年1月、末光家から市へ寄贈を受けた。

 市では、平成17年から毎月第一日曜日をこの住宅の一般公開を行い、ミニ講座や作品展、茶会や琴演奏会などの催しを行っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

地図

お問い合わせ

経済振興課
電話:0894-62-6408