末光家住宅でおイネの朗読劇がありました

2014年3月3日

 末光家住宅の一般公開が行われました。

 3月2日に、卯之町の伝統的な町並みにある末光家住宅の一般公開が行われました。毎月第1日曜日に市が実施しています。

 土間を使ったミニ講座では、「ケイサキーの会」の呼びかけで集まった有志の皆さんが、イネが卯之町の医師二宮敬作のもとで学びながら医師を志すようになったいきさつを

朗読劇で再現。

 参加者は素朴でユーモラスな内容の朗読劇を楽しみました。

 講座が終わった後は、訪れた方に商家であった邸内の様子をご案内しました。

 

*ケイサキーの会は、シーボルトの高弟であった二宮敬作や、卯之町に開業していた敬作のもとで学び、のちに日本初の参加女医となった楠本イネについてNHKの大河ドラマに誘致しようと活動している市民グループです。

 今回の朗読劇では、同会の呼びかけに応じて、コスモスコーラス、町並みガイドの会、うたいま唱歌などのグループが朗読に協力されました。

 

 広い土間でミニ講座

 

 

 

旧末光家住宅について

 末光家が単独で修復保存工事を行ったこの住宅は、明和7年(1770年)の建築とされ、卯之町の町並みに残る住宅では最古のものである。

 この商家において、末光家は「清澤屋」の屋号で酒造業を営み、大正時代からは醤油の製造販売を始めた。このほか、第17代末光千代太郎が昭和23年に伊予合同銀行(後の伊予銀行)頭取に就任するなど、卯之町のみならず県内の経済発展に貢献した。

 また、同住宅は、平成25年1月、末光家から市へ寄贈を受けた。

 市では、平成17年から毎月第一日曜日をこの住宅の一般公開を行い、ミニ講座や作品展、茶会や琴演奏会などの催しを行っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

地図

お問い合わせ

経済振興課
電話:0894-62-6408