【お知らせ】開明学校 重要文化財指定20周年記念シンポジウムの開催について

2017年11月13日

~開明学校(西予市宇和町)は国の重要文化財に指定されて20年を迎えました~

 

 開明学校は、平成9年に国の重要文化財に指定されて、今年で20周年を迎えました。

 そこで、指定後20年の活動をふりかえりながら、これからの、未来の、開明学校について、市民の皆さんと考えるシンポジウムを開催いたします。

 

 シンポジウムでは、開明学校と同じ国の重要文化財で、教育資料館として公開活用し、開明学校と姉妹館提携を結ぶ「旧開智学校校舎」のある長野県松本市から、「窪田雅之 松本市立博物館 前館長」をお招きし、開智学校における取り組みについてご紹介いただきます。

 また、日土小学校(八幡浜市)校舎の重要文化財指定に尽力された「曲田清維 愛媛大学名誉教授」から、「みんなの宝 開明学校」と題して、県内に残る明治から現代にかけての学校建築について、開明学校と比較しながら開明学校の価値についてご講演いただきます。

 さらに、窪田氏と曲田氏、ご参加いただく市民の皆さんと一緒に、これからの開明学校について考えるパネルディスカッションも予定しています。

 市民の宝として、市民に愛され、市民が誇りに思う「開明学校」を目指して、ぜひ一緒に考えましょう。

 

 

 

1 開催日時

  平成29年11月23日(木曜日※祝日) 午前10時から 

 

2 場 所

  宇和先哲記念館(愛媛県西予市宇和町卯之町四丁目327番地) 2階 企画展示室

 

 料金等

  無料

 

4 その他

  シンポジウム会場では、旧開智学校校舎(長野県松本市)との姉妹館提携30周年記念特別展「いつの時代も ~ヨク マナビ ヨク アソベ~」を開催中です。シンポジウムにおいて、特別展の解説も予定しています。

 

シンポジウムチラシ(234KB)

※PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、次のアドレス(http://get.adobe.com/jp/reader/otherversions/)からダウンロード(無料)してください。

お問い合わせ

経済振興課
宇和先哲記念館
電話:0894-62-6700
ファクシミリ:0894-62-6701