「書は人なり」【先哲記念館館蔵品展のご案内】

更新日:2021年01月12日

宇和先哲記念館では、収蔵資料の公開のため、年2回程度「館蔵品展」を開催しています。

今回のテーマは「書」です。

「書」を見れば、その「人」の姿が見えてくるといいますが、宇和先哲記念館で紹介している人物たちはどうでしょうか?

本展は、郷土が誇る書家「河野如風」、「片山萬年」をはじめ、俳人「上甲平谷」、彫塑「白井雨山」の書など、約30点を展示しています。「書」を通して、その人物の人となりを感じていただければ幸いです。また、修復された白井雨山の作品「タナグラ人形」「乃木将軍胸像」を初公開します。

当館は入館無料の施設です。みなさまのお越しをお待ちしております。

     

1 期間

令和3年1月16日(土曜日)から令和3年3月21日(日曜日) 

2 時間

午前9時から午後5時 (最終入館は午後4時30分) 

3 場所

宇和先哲記念館 2階企画展示室

4 休館日

月曜日(月曜祝日の場合は開館し、翌日が休館)

5 問い合わせ先

宇和先哲記念館 電話 0894-62-6700

書は人なりチラシ

この記事に関するお問い合わせ先

文化の里施設(宇和先哲記念館)
愛媛県西予市宇和町卯之町四丁目327番地
電話:0894-62-6700
ファックス番号:0894-62-6701

メールフォームによるお問い合わせ