【令和2年4月18日】新型コロナウイルス感染の確認について(市長コメント)

更新日:2020年04月18日

4月18日記者会見市長コメント

 

愛媛県の発表によりますと、昨日(4 月17 日)、新型コロナウイルス感染症の感染事例が市内で初めて確認されました。まず、感染が確認された方に対しまして、心からお見舞い申し上げます。一日も早い回復をお祈り申し上げます。

次に、感染された方の概要ですが、県の発表によりますと、陽性反応が報告されている方は、市内に在住している60 代の男性会社員1名であり、ご本人の勤務地は鬼北町、店舗の販売員をされておりましたが、発熱等の症状を訴えられて、医療機関を受診しました。症状が改善しないため、再度医療機関を受診した際に検体を採取、17 日に感染が確認されました。この方は、既に16 日、感染症指定医療機関に入院済みでございます。愛媛県によりますと詳しい行動歴、濃厚接触者は現在確認中とのことでございます。患者様の状況で市が把握しているところは以上でございますが、市民の皆様は落ち着いて、冷静に行動して頂きたいと思います。

西予市といたしましては、引き続き、市民の皆様の生命、及び健康の安全確保に万全を期しますとともに、特措法に基づく「西予市新型コロナウィルス感染症対策本部」において、感染症の予防及び拡大の防止に取り組んで参ります。

なお、今回の事態を受けまして、西予市における感染症対策を「市内感染事例が確認された場合の対応」に移行することとし、これまで以上に冷静にかつ迅速な感染症予防対策に努めてまいります。

市としましては、昨日までに県知事からの要請及び国の緊急事態宣言を受け、5月6日までの社会体育施設等市の関係施設の利用中止、4月20日から市内小中学校の臨時休校の措置を、すでにお願いしているところでございます。また、県内外で人の移動による感染拡大がみられることから、水際対策と

して、転入者や県外からの来訪者に対する感染症防止対策もお願いしているところでございます。本日市内で感染者が確認されたことを受け、市内の保育所・認定こども園・幼稚園・放課後児童クラブにつきまして、現段階では通常通りの開所といたしますが、保育園等に通う園児や児童の安全の確保と感染拡大防止のため、家庭での保育が可能なご家庭におかれましては、園児や児童の登園や通所を控えて、できる限りご家庭での保育を行っていただくことをこの場にてお願い申し上げます。改めて市民の皆様に感染症予防のお願いをいたしますとともに、今後の感染拡大を防ぐためにも、不要不急の外出の自粛についてお願いをいたします。

  これから、人の移動が活発化する可能性がある大型連休を控え、(他の地域を含む)皆様と行政とが一丸となって拡大防止のための手立てを行わねば、事態の収束は見込めません。市民の皆様におかれましても、不要不急の外出、感染拡大防止の取り組みを重点的に進める「特定警戒都道府県」への移動はもちろんのこと、県をまたぐ移動、ご家族・ご友人等の帰省など、感染拡大につながりかねない行動は厳に控えていただきますよう、お願い申し上げます。また、デマや不確かな情報に惑わされることなく、冷静な行動をとってください。

  市民の皆様のご協力なくして、感染症の拡大防止は成しえません。感染が広がり、医療体制が崩壊するようなことになれば、収拾のつかない事態となってまいります。医療関係に従事されている方々は、不安とリスクに向き合いながら懸命に奮闘されております。当市も、引き続き感染拡大防止に努めてまいります。

最後に市民の皆様へ、 「うつらないよう自己防衛」として、手洗いや定期的な換気などの基本的な感染予防対策はもちろんのこと、3 密の場所には徹底して行かない、避ける。

  二つ目として、「うつさないよう周りに配慮」として、体調が悪いときには自宅待機、そして他の人と接する時は一定の距離をとる。

  三つ目として、「県外や不要不急の外出自粛」として、県外や感染拡大地域への移動・訪問を極力避けるほか、何よりも不要不急の外出はせず、自宅で過ごしていただきたい。

この3 点を、改めてお願い申し上げます。

市民の皆様には大変ご不便をおかけしますが、危機感を持って行動いただきますよう重ねてお願いいたします。