【報告】ジオパーク活動紹介

更新日:2021年03月10日

四国西予ジオパークでは様々な普及活動や保全活動に日々取り組んでおります。このページでは、それらの活動の中から代表的な物をご紹介します。

【更新情報】

3月10日 「ローカルSDGsを考えるシンポジウム」、「愛媛大学生による実習成果発表会」を更新しました。

ローカルSDGsを考えるシンポジウム

12月20日(日曜日)13時より宇和文化会館においてシンポジウム「今、なぜローカルSDGsが必要か」が開催されました。

伊豆半島ジオパーク専任研究員(当時)の新名阿津子さまが基調講演を務め、世界各地のジオパークの先進的な取り組みや、SDGs達成に向けて求められている施策(女性の管理職登用や先住民族の尊重と文化継承、サスティナブルツーリズム等々)をご紹介していただきました。

また四国四県のおける持続可能な開発の取り組みとして、愛媛からは四国西予ジオパーク推進協議会の高橋事務局長がジオパークの取り組みを紹介しました。

約50名の参加者(会場とオンライン)からは建設的な意見や登壇者への質疑が交わされ、これからの互いの取り組みの発展にとって有意義な時間となりました。

愛媛大学生による実習成果発表会

10月30日から11月27日にかけて、西予市図書交流館(まなびあん)にてポスター展示を開催しました。これは昨夏に愛媛大学の学生が四国西予ジオパークのサイトで調査した様々な成果を市民の皆様に分かりやすく伝えるためのものです。展示期間中に2度、学生たちによる展示解説も行われ、保育園や小学校の子供たちが数多く訪れました。

今回の調査は明浜町高山地区を中心に実施され、石灰産業跡の石灰岩から貝の化石が見つかるなどの成果がありました。まなびあんでの展示は終了しましたが、道の駅どんぶり館のジオパーク展示室にて令和3年度4月頃から彼らのポスターを掲示する予定です。お立ち寄りの際は是非ご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

ジオパーク推進室
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6403
ファックス番号:0894-62-6574

メールフォームによるお問い合わせ