ARISSスクールコンタクト県下初挑戦

更新日:2018年03月31日

城川小学校開校記念事業としてアリス・スクールコンタクト実施

平成28年4月1日に城川地区4つの小学校【遊子川・土居・高川・魚成】が統合して新しく開校した 城川小学校において、ARISS(アリス)スクールコンタクトを実施しました。

この事業は、国際宇宙ステーション(略してISS)に滞在している宇宙飛行士と子どもたちがアマチュア 無線を使って交信をおこなうもので、NASA(ナサ)の教育プログラムでもあります。

愛媛県では初挑戦

今回の挑戦は、愛媛県では初開催、四国では3例目、全国では91例目となりました。

約400キロメートル上空を、秒速約8キロメートルもの高速で周回している国際宇宙ステーション(ISS)と交信できる時間は、約10分間です。 この交信可能な時間内に子どもたちが宇宙飛行士に質問をして、それに対して回答していただく 事業ですが、今回の交信では、用意した21問のうち18問まで質問することができました。残りの3問については、残念 ながら交信可能時間を超えてしまいましたので、質問することができませんでした。

交信状況

交信した日時 平成29年12月11日(月曜日)午後8時6分から約10分間

交信した場所 西予市立城川小学校ホール

交信した相手 パオロ・ネスポリさん(イタリア人宇宙飛行士)

挑戦した児童 5,6年生児童21人

質問した総数 18問(21問のうち)

今回の交信に使用したコールサインは、城川小学校側は「8J5SS(エイトシ゛ェイファイフ゛エスエス)」で、国際宇宙ステーション側は「NA1SS(エヌエーワンエスエス)」です。

参考資料

質問や回答の内容につきましては、添付した資料をご覧ください。

(注意)パオロさんからの回答文については、聞取りにより可能な限り再現しておりますが、一部の表記には誤りがあるかもしれません。また、翻訳については、子どもたちに分かりやすいように表現したものであり、本来の表現と異なる場合もありますので、そのようご了承ください。

 

 

児童が国際宇宙ステーションと交信している様子

児童が、国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士と交信しています。

交信した児童が勢ぞろい

約10分間の交信時間を予定していました。全部で21人が挑戦しましたが、約8分後に交信可能な距離を過ぎてしまいました。18人が宇宙飛行士に質問することができました。

この記事に関するお問い合わせ先

教育総務課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6430
ファックス番号: 0894-62-6584

メールフォームによるお問い合わせ