心身障害者扶養共済制度

更新日:2018年03月31日

心身障害者扶養共済制度

障害のある方を扶養している保護者等が、自らの生存中に毎月一定の掛金を納めることにより、保護者に万一のこと(死亡・重度障害)があった時、障害のある方に終身一定額の年金を支給する制度です。

加入者要件

障害のある方を現に扶養している保護者(父母、配偶者、兄弟姉妹、祖父母、その他親族)であって、次のすべての要件を満たしている方

1. 西予市に住所を有していること

2. 加入時の年度の4月1日の年齢が65歳未満であること

3. 特別な疾病または障害がなく、生命保険契約の対象となる健康状態であること

4. 障害のある方1人に対して加入できる保護者は1人(加入口数は2口まで )

障害のある方の範囲

次のいずれかに該当し、将来独立自活することが困難な方

1. 知的障がい者

2. 身体障がい者(身体障害者手帳の障害等級が1~3級の方)

3. 精神または身体に永続的な障害を有する方(精神病、脳性麻痺、進行性筋萎縮症、自閉症、血友病などでその障害程度が上記の1、2と同程度と認められる方)

月額掛金

掛金は毎月定められた日までに払い込んでいただきます。なお、平成20年4月1日以降に加入される方の1口あたりの掛金は加入者の加入時の年齢により、下記のように定められています。

35歳未満   9,300円

35歳以上40歳未満 11,400円

40歳以上45歳未満 14,300円

45歳以上50歳未満 17,300円

50歳以上55歳未満 18,800円

55歳以上60歳未満 20,700円

60歳以上65歳未満 23,300円

なお、生活保護世帯の方、前年度の市民税が非課税世帯の方には掛金の補助があります。

掛金の免除

加入者の方が次の「要件1」「要件2」の両方に該当する場合、掛金が免除されます。

要件1 加入から20年以上経過

要件2 年齢が4月1日時点で65歳である年度の加入月を経過

年金給付について

加入者が死亡したり、重度障害と認められたときは、その月から障害のある方に対して下記の年金が支給されます。

1口加入の方、月額 2万円

2口加入の方、月額 4万円

こんな時は速やかに連絡を

下記に該当した時は速やかにご連絡ください。

1. 加入者が死亡・重度障害となったとき

2. 障害のある方が加入者より先に死亡したとき

3. 加入者・障がい者が市外へ転出するとき

4. 制度から脱退・加入口数を減少したいとき

5. 年金受給者が死亡したとき  

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6428
ファックス番号:0894-62-3055

メールフォームによるお問い合わせ