国民年金制度について

更新日:2018年12月19日

国民年金制度について

◇国民年金は、生涯にわたり老後や思わぬ病気、ケガ等で障がいの状態になったときなどに、年金を受給して生活の安定を図ることを目的としています。

20歳以上60歳未満の日本国内に住所のある方は、国籍を問わず国民年金に加入することが義務付けられています。             

≪国民年金の加入種別≫

◇第1号被保険者 … 学生、自営業者など

◇第2号被保険者 … 厚生年金保険や共済組合等の組合員または加入者

◇第3号被保険者 … 第2号被保険者に扶養されている配偶者

≪任意加入制度≫

国民年金の60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合などで年金額の増額を希望するときは、60歳以降でも国民年金に任意加入をすることができます。ただし、申出のあった月からの加入となり、遡って加入することはできません。

次の1.~4.のすべての条件を満たす方が任意加入をすることができます。

  1. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
  2. 老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方
  3. 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方
  4. 厚生年金保険、共済組合等に加入していない方※年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の方も 加入できます。

※外国に居住する日本人で、20歳以上65歳未満の方も加入できます。

※1.の60歳以上65歳未満の方は、60歳の誕生日の前日より任意加入の手続きをする ことができます。

※詳しい国民年金の制度や手続きなどは、日本年金機構ホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6405
ファックス番号:0894-62-0343

メールフォームによるお問い合わせ