せいよ地域づくり交付金事業 活動情報

更新日:2019年05月09日

「自分たちの地域を、自分たちの手で!」

中筋 世界一の門松.jpg

↑野村町中筋地区の門松

城川 夢大賞

↑城川 夢大賞

石城 わらぐろ

↑石城 わらぐろ

 

狩江 地域外との協働

↑狩江 地域外との協働事業

↑野村 有機農業促進事業

↑野村 有機農業促進事業

高川 桃源郷の里づくり

↑高川 桃源郷の里づくり

西予市では、地域への分権化の取組みとして平成23年度から平成27年度の5ヵ年間「せいよ地域づくり交付金事業」を実施しました。

本交付金事業は、今までの使途が定められた補助金のみでまちづくりを推進するのではなく、いくつかの制限や決まりごとはあるものの、地域の自由な発想により活用することのできる交付金を、地域づくり組織に交付する事業です。

地域によって慣習や伝統文化などは実に様々であり、多様化するニーズに応え、課題を地域自らの手で解決に導くことで実践力のある地域づくりを推進してきました。 しかしながら、これまでの地域づくり組織から様々な取り組みが生まれたものの、その先進的活動の多くは、従前よりコミュニティが形成された地域に偏り、主な交付金の使途はハード事業へ費やされてきました。そこでより一層の地域活性化を目指し、平成28年度より事業名を『地域発「せいよ地域づくり」事業』へ改名し、ソフト事業に特化した新制度(手上げ型交付金)を追加することで、より自主性に富んだ地域の特色ある事業が展開できる地域づくりを目指します。

sikumi.jpg

〈地域づくり組織について〉

地域づくり組織は、27の地域に設置されています。 それぞれの事業を実施していくために、地域で話し合いを重ねて「地域づくり計画書」を策定しています。 まずは、各地域に設置された地域づくり組織をご紹介します。

H31 地域づくり交付金(基礎型)交付一覧

↑↑平成31年度 地域づくり交付金(基礎型)交付一覧

 

〈交付額の算定〉

〈地域づくり計画書〉 各地域づくり組織が策定した「地域づくり計画書」は下記のリンクからご覧になれます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

〈地域担当職員制度〉

地域づくり組織の円滑な運営を促進するために、各地域づくり組織ごとに2名程度地域担当職員を配置しています。 主に、地域づくり組織と市事務局機関とを繋ぐパイプ役を果たし、事業を実施するための調整や情報の提供、所掌事務のとりまとめなどをおこなっています。 また、地域担当職員以外にも、地域づくりのために多くの職員が現場で共に動き汗を流しています。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり推進課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6403
ファックス番号:0894-62-6574

メールフォームによるお問い合わせ