西予市土砂災害(特別)警戒区域について

更新日:2018年03月31日

土砂災害(特別)警戒区域について

土砂災害(特別)警戒区域とは  

   土砂災害(がけ崩れ・土石流・地滑り)から住民の生命を守るために、土砂災害が発生するおそれがある区域を明らかにし、警戒避難体制の整備や一定の行為の制限を行うもので、土砂災害警戒区域(土砂災害のおそれがある区域【通称:イエローゾーン】)、土砂災害特別警戒区域(建物が破壊され、住民に大きな被害が生じるおそれがある区域【通称:レッドゾーン】)の2種類があります。

  土砂災害防止法とは(PDF:1.3MB)

  土砂災害にそなえるために知っておこう(PDF:1.5MB)

 

平成24月7月 明浜町高山地区平成26年6月 野村町横林地区

現在、西予市においては、平成23年3月に85箇所、平成24年12月に146箇所、平成28年7月に125箇所、計356箇所の区域が指定されており、今後も県が実施する基礎調査が完了した箇所から、順次、区域指定を行っていきます。

土砂災害警戒区域に指定されると、市において、

  1. 西予市地域防災計画への記載
  2. 区域内の災害時要援護者関連施設利用者のための警戒避難体制の整備
  3. 土砂災害ハザードマップによる周知の徹底

が必要となります。

   また、土砂災害特別警戒区域に指定されると、 建物の新築に建築確認が義務づけられるなど、土地利用への規制が強化されます。なお、宅地建物取引業者は、土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域内の宅地又は建物の売買等にあたり、警戒区域内である旨等について重要事項説明を行うことが義務づけられます。


   西予市内の指定区域については、下の愛媛県ホームページのほか、愛媛県砂防課及び西予土木事務所、西予市建設部建設課並びに各支所産業建設課で閲覧することができます。 

 

【西予市土砂災害警戒区域】
  愛媛県ホームページ : 土砂災害(特別)警戒区域 (西予市)
 
【参考ホームページ】 
  国土交通省砂防部ホームページ:土砂災害防止法 

この記事に関するお問い合わせ先

建設課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6410
ファックス番号:0894-62-6571

メールフォームによるお問い合わせ