楠本イネコーナー

楠本イネ写真

父ドイツ人医師「シーボルト」と母「楠本滝」の子として、長崎で生まれた「楠本イネ」は、西予市宇和町で父の高弟二宮敬作のもと医学を学びました。

当地で少女時代を過ごしたイネは、混血児という境遇や女性が医学を志すことを理解されない閉鎖的な時代に、逆境を乗り越え志を貫き、日本初の産科女医となり、その後産科医として活躍しました。


西予市には貴重な伝統や歴史文化遺産がありますが、楠本イネの功績も「日本初の産科女医発祥の地」として未来へ残し、顕彰し継承していくべきこのまちの誇りであり大切な遺産です。


このコーナーでは、女性医師や女子医学生を奨励することを目的とした「西予市おイネ賞事業」や、西予市ならではの特色あるまちづくりを目指した、イネに関するイベントや情報をお届けします。


 

新着情報

総務企画部

産業建設部

お問い合わせ

楠本イネコーナー
まちづくり推進課
電話:0894-62-6403