母子家庭等高等職業訓練促進給付金等について

更新日:2018年03月31日

母子家庭の母又は父子家庭の父が就職に有利である資格の取得を促進するために、当該資格に係る養成訓練の受講期間について高等職業訓練促進給付金及び修了支援給付金を支給することにより、生活負担の軽減を図り、資格の取得を容易にすることを目的とします。

対象者

市内に住所を有する母子家庭の母又は父子家庭の父で、次に掲げる要件のすべてを満たしている方

  • 児童扶養手当の支給を受けている方、又は同様の所得水準の方
  • 修業年限1年以上の養成機関に修学し、対象資格の取得が見込まれる方
  • 就業又は育児と修業の両立が困難であると認められる方
  • 過去に高等職業訓練促進給付金を受給していない方

対象資格

高等職業訓練促進給付金の対象資格は次のとおりです。(平成28年4月改正)

  • 看護師
  • 准看護師
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 歯科衛生士
  • 美容師
  • 社会福祉士
  • 製菓衛生師
  • 調理師
  • その他、市長が別に定める資格

支給額 

対象者の区分に応じて、次の金額が支給されます。

申請のあった月から支給
  市民税課税世帯 市民税非課税世帯
高等職業訓練促進給付金 月額70,500円 月額100,000円
訓練修了後に支給
  市民税課税世帯 市民税非課税世帯
修了支援給付金 25,000円 50,000円

支給期間等

高等職業訓練促進給付金の支給対象となる期間は、修業する期間の全期間(上限3年)です。

高等職業訓練促進給付金は、月を単位として支給されます。原則として申請のあった日の属する月以降の各月において支給します。

夏期休暇等年間カリキュラムに組み込まれていない事由により、月の初日から末日まで一日も出席しなかった月がある場合は、当該月については支給されません。

修了支援給付金は、修了日を経過した日以後に支給します。

事前相談の実施

高等職業訓練促進給付金の支給を受けようとする場合は、申請をする前に母子・父子自立支援員による事前相談を受けていただく必要があります。

支給申請

高等職業訓練促進給付金の支給を受けようとする方は、次の書類の提出が必要となります。

  • 高等職業訓練促進給付金等支給申請書(担当課にあります)
  • 同意書(担当課にあります)
  • 申請者及び扶養している児童の戸籍謄本(抄本)
  • 世帯全員の住民票
  • 在籍証明書又は取得単位証明書
  • マイナンバーカード(通知カード)

資格喪失等

次のいずれかに該当するときは、該当する事由が生じた日から起算して14日以内に届出をしなければなりません。

  • 母子家庭の母又は父子家庭の父でなくなったとき
  • 西予市内に住所を有しなくなったとき
  • 修業を取りやめたとき
  • 受給者又は同一世帯に属する方に係る市民税の課税状況に変更、又は世帯構成に異動があったとき

 

各支所お問合せ先
明浜支所生活福祉課 電話0894-64-1271
野村支所生活福祉課 電話0894-72-1113
城川支所生活福祉課 電話0894-82-1115
三瓶支所生活福祉課 電話0894-33-1313

 

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6551
ファックス番号:0894-62-3055

メールフォームによるお問い合わせ