国民年金第1号被保険者保険料の産前産後期間の免除制度が始まりました。

更新日:2019年04月08日

平成31年4月から、国民年金第1号被保険者保険料の産前産後期間の免除制度が始まりました。

◇平成31年4月から、国民年金第1号被保険者が出産を行った際に、一定期間の保険料が免除されます。

≪対象≫

国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の方

≪免除期間≫

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。(多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間)免除期間は、国民年金保険料を納付したものとして、老齢基礎年金の受給額に反映されます。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

≪申請≫

出産予定日の6か月前から、市民課または最寄りの支所生活福祉課に申請することができます。

この記事に関するお問い合わせ先

市民課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6405
ファックス番号:0894-62-0343

メールフォームによるお問い合わせ