農業近代化資金に対する利子補給制度について

更新日:2018年03月31日

農業近代化資金に対する利子補給制度について

 

農地の取得を除き、農業用機具の購入や農業用施設の建設、または長期運転資金等、様々な設備資金としてご利用いただける一般的な長期資金です。 農業協同組合など金融機関が行うこの資金の融通を円滑にするため、市が利子補給をおこなう制度があります。

 

【融資対象者】 ア認定農業者 イ認定新規就農者 ウ集落営農組織 エその他担い手 オ農協等

 

【融資使途】 ・農舎、畜舎、果樹棚、農機具等の施設の改良、造成又は取得 ・乳牛その他家畜の購入又は育成、果樹、桑、花き、花木等の植栽又は育成 ・観光農業用施設、農業後継者の住宅等の施設の改良、取得等

 

【貸付限度額】 ・個人1,800万円 ・法人・任意団体2億円 ・農業参入法人1億5千万円 ・農協等15億円

 

【償還期限(据置期間)】 ア 7~15年(2~7年) イ 10~18年(5~7年) ウエ 7~15年(2~7年) オ 7~20年(2~7年)

 

【その他】 ・貸付条件や貸付対象者等により借り入れできない場合もございますので、融資機関等でご相談のうえ申込み手続きを行ってください。 ・貸付利率、償還期間等については融資条件により異なりますので、お問い合わせください。

 

【問い合わせ先】 農業協同組合、伊予銀行、愛媛銀行、愛媛信用金庫、宇和島信用金庫

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

農業水産課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6409
ファックス番号:0894-62-6340

メールフォームによるお問い合わせ