療育手帳

更新日:2018年03月31日

療育手帳について

知的障がい者(児)に対して一貫した指導・相談を行うと共に、知的障がい者(児)に対する各種の援助措置を受けやすくするために手帳を交付し、福祉の増進に資することを目的としています。 様々な要因によって、ものの名前を覚える・計算する・筋道を立てて考える・想像する等の知的能力が年齢と共に発達せず、社会生活上の適応行動に障害を伴う方を対象としています。

交付対象者

愛媛県南予子ども・女性支援センター、愛媛県福祉総合支援センターにおいて、知的障害であると判定された人に対して交付します。 交付を受けるためには、南予子ども・支援センターまたは福祉総合支援センターと面談していただく必要があります。

手帳を初めて取得するとき

交付申請を行ってください。愛媛県が手帳を発行するため交付までに1ヶ月程度かかります。 愛媛県南予子ども・女性支援センターまたは愛媛県福祉総合支援センターと面談を行って判定を受ける必要があります。

申請に必要なもの

1.療育手帳交付申請書(用紙は福祉課および各支所生活福祉課にあります)

2.療育手帳交付(確認)申請調書(用紙は福祉課および各支所生活福祉課にあります)

3.写真(縦4センチメートル、横3センチメートル) 1枚(脱帽し、申請日前の1年以内に撮影したもの)

4.印かん(認印可)

障害程度が変わった、次の判定年月日が近づいたとき

程度確認の申請を行ってください。愛媛県が手帳を発行するため交付までに1ヶ月程度かかります。 愛媛県南予子ども・女性支援センターまたは愛媛県福祉総合支援センターと面談を行って判定を受ける必要があります。

申請に必要なもの

1.療育手帳程度確認申請書(用紙は福祉課およびは各支所生活福祉課にあります)

2.療育手帳交付(確認)申請調書(用紙は福祉課および各支所生活福祉課にあります)

3.印かん(認印可)

手帳を紛失、破損したとき

再交付申請が必要です。愛媛県が手帳を発行するため交付までに1ヶ月程度かかります。

申請に必要なもの

1.療育手帳再交付申請書(用紙は福祉課および各支所生活福祉課にあります)

2.写真(縦4センチメートル、横3センチメートル) 1枚(脱帽し、申請日前の1年以内に撮影したもの)

3.印かん(認印可)

愛媛県内で住所を変更したり、氏名など手帳の記載内容が変わったとき

記載事項変更届の提出が必要です。 手帳と印鑑を持ってお近くの窓口におこしください。

愛媛県外から転入したとき

従前の手帳が支障なく利用できる場合は、住所等を訂正して使用することもできますが、新たに愛媛県が発行する療育手帳を取得することもできます。 手帳と印鑑を持って窓口へおこしください。

手帳の交付を受けた者が死亡したとき

返還届の提出が必要です。 死亡された方の手帳と届出される方の印鑑を持ってお近くの窓口におこしください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6428
ファックス番号:0894-62-3055

メールフォームによるお問い合わせ