県指定 客人神社のアコウ

更新日:2018年09月05日

客人神社のアコウ

よ み:きゃくじんじんじゃのあこう

所在地:西予市明浜町宮野浦

所有者:客人神社

指定年月日:昭和52年4月15日


 

西予市明浜町が天然記念物に指定した巨木の競う客人神社社叢中、岩の周り約70m、高さ約10mの岩上に自生する大樹である。

主幹は、根回り約10m、地上およそ2mで二つに分岐し、太い方が約4m、細い方が約3mに肥大し、樹高30m、枝張り30mに及ぶ。主幹の周りからアコウ特有の気根を無数に出し、互いに絡み合って岩を抱くさまは壮観である。

また、国指定天然記念物の「三崎のアコウ」とならんで、北限地帯に自生するアコウとして貴重なものである。

 

(愛媛県教育委員会文化財保護課編1993『愛媛の文化財』愛媛県教育委員会より引用)

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ・文化課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6416
ファックス番号:0894-62-6591

メールフォームによるお問い合わせ