県指定 大イチョウ

更新日:2018年07月06日


よ み:おおいちょう

所在地:西予市城川町窪野

所有者:三滝神社

指定年月日:昭和26年11月27日


 

三滝神社の境内に周囲のヒノキ林から抜きん出た大イチョウがある。樹勢もよく、新緑、紅葉のころは特に鮮かさが際だっている。

根まわり約8.6m、目通り約7.4m、主幹は地上8mで分岐して高さ40mにも達し、枝張り半径約15mに及ぶ雌株である。

多くの気根が垂れて、第一側枝のものが特に大きく、土地の人々は乳出のイチョウとして信仰の対象にしており、これを煎用すれば母乳の少ない人に卓効ありと伝えられ、削り取られた古い跡が見られる。

また、天正のころ長宗我部軍と戦い、この樹下で武運つたなく自害した城主紀親安公の霊木として、里人の信仰が今も厚い。

(愛媛県教育委員会文化財保護課編1993『愛媛の文化財』愛媛県教育委員会より引用)

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ・文化課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6416
ファックス番号:0894-62-6591

メールフォームによるお問い合わせ