市指定 樫木駄場古墳

更新日:2018年08月29日

樫木駄馬古墳近景 南から撮影

よ み:かたぎだばこふん

所在地:宇和町坂戸

所有者:個人

指定年月日:昭和49年12月9日


 

宇和盆地最大の横穴式石室を持つ古墳。坂戸の西側丘陵の斜面、標高約240m付近に立地する。この谷間一帯は坂戸古墳群の名で呼ばれ、明治初め頃には70余基がかぞえられたといわれるが大半が消滅している。宇和歴史民俗資料館蔵の資料には、坂戸古墳群出土とされる遺物が残る。

墳丘の直径約11.8m、高さ約4.5m。石室は両袖形で、南西に主軸を持つ。全長約7.5m、玄室長約4.2m、幅約4.5m。奥壁は1枚岩が用いられる。天井石は玄室2枚、羨道2枚。玄室前部の石材は長さ2.3mの大石が使用されている。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ・文化課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6416
ファックス番号:0894-62-6591

メールフォームによるお問い合わせ