市指定 東大谷古墳

更新日:2018年08月29日

東大谷古墳 南東から撮影

よ み:ひがしおおたにこふん

所在地:宇和町岩木

所有者:個人

指定年月日:昭和49年12月9日


 

東大谷古墳は、標高約358~359mの山腹緩斜面に立地する。平成20年の発掘調査で、1辺約8mの方墳であることが確認された。方墳は南予で初例となる。

一部に周溝の可能性も考えられる落ち込みが認められ、南西部や南東部にはウメ殺しの礫が複数確認されている。主体部は両袖式の横穴式石室で、南に開口している。その規模は全長5.52m、玄室長3.05m、玄室幅1.7~1.88m、玄室高0.97~1.49m、羨道長2.47m、羨道幅0.87~1.18mを測る。石室は地元に産するチャートの塊石を積んでおり、側壁は天井に近づくにつれてせり出してくる持ち送りが見られる。

遺物の出土が少なく、築造時期の詳細は今後の課題であるが概ね7世紀代に属すると考えられ、古墳時代後期から律令期の当地の文化を解明するうえで重要な遺跡である。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ・文化課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6416
ファックス番号:0894-62-6591

メールフォームによるお問い合わせ