市指定 谷が内古墳

更新日:2018年08月29日

谷ヶ内古墳近景 南西から撮影

よ み:たにがうちこふん

所在地:宇和町小野田

所有者:個人

指定年月日:昭和49年12月9日


 

通称オトロク(乙六)山の東斜面、標高約240mの山林傾斜面に立地する。直ぐ下に県道が通る。

本墳は、墳丘は半壊し後部の玄室上のみ残る。羨道の石材は持ち去られている。すでに消滅したものもあるが4基の古墳が確認されたという(門多正志1973『宇和の古墳』)。

石室は主軸を南東に持ち、平面形は両袖式かと思われる。羨道は原形を留めない。玄室長約2.6m、幅約1.8mで平面長方形に近い。奥壁は1枚石。遺物は須恵器(坏、高坏、長頸壷)、鉄刀2、釘が出土したと伝わる(長山源雄1921『愛媛県史蹟調査書』)。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ・文化課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6416
ファックス番号:0894-62-6591

メールフォームによるお問い合わせ