市指定 宇都宮正綱廟

更新日:2018年07月06日


よ み:うつのみやまさつなびょう

所在地:明浜町高山

所有者:若宮神社

指定年月日:昭和57年5月1日


 

河童の狛犬で広く知られている若宮八幡の祭神は宇都宮正綱公で、社殿の北側にその霊廟があり、廟内には墓碑と五輪塔の二基が祀られている。

宇都宮修理太夫正綱公は永禄2年頃(1559)に高山城主となり、知勇共に優れた武将で村人から非常に尊敬されていた。天正7年(1579)2月に、三間の岡本城へ長宗我部軍を迎え撃つために出陣して討ち死にされた。

廟に供えられたお水には、イボ取りの霊験があるとされ、常に清らかな水が供えられている。また、正綱廟のお守りは水難除けと言われて、戦前にはお札を受ける者が多かった。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ・文化課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6416
ファックス番号:0894-62-6591

メールフォームによるお問い合わせ