市指定 大般若経(神久寺)

更新日:2018年07月06日


よ み:だいはんにゃきょう

所在地:西予市宇和町神領

所有者:神久寺

指定年月日:昭和30年12月16日


 

神久寺所蔵大般若経は、南北朝末期から室町時代初期に書写・校正されたと考えられる。戦国期の永正18年(1521)3月及び弘治2年(1556)6月の少なくとも2回、伊予西園寺氏被官の久枝宇都宮氏により補修された。延宝4年(1676)、宇和島藩士で久枝宇都宮氏子孫の宮川氏による大規模な補修が行われた。その後も欠本部分は喜多郡穂積から版本で補充したり、宝暦6年(1756)に野村庄屋の緒方氏により寄進された版本妙法蓮華経と一体的に管理された。

(参考:土居聡朋2012「愛媛県西予市宇和町神久寺所蔵の大般若経について」『研究紀要』17、愛媛県歴史文化博物館)

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ・文化課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
電話:0894-62-6416
ファックス番号:0894-62-6591

メールフォームによるお問い合わせ