森林の伐採に係る届出について

更新日:2018年06月15日

森林の伐採に係る届出について

森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、目的、樹種、方法、面積などに関わらず、事前に届出することが義務付けられております。

伐採届については、森林法第10条の8に規定するもので、県が定める地域森林計画に含まれる民有林が対象となります。(保安林及び保安施設地区の区域内の森林については別途届出が必要)

また、伐採後の造林が完了したときは、事後に状況報告書を提出することが平成29年度より義務付けられました。

届出対象者

・森林所有者や立木を買い受けた者など

・立木を伐採する者と伐採後の造林を行うものが異なる場合は、共同で提出します。

提出期間

・伐採及び伐採後の造林の届出書

 伐採を始める30日前まで(受付は90日前から)

・伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

 造林を完了した日から30日以内

届出・報告書の様式

・伐採及び伐採後の造林の届出書

・伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

留意事項

・伐採届を提出する際は、伐採箇所の位置図を添付してください。

・伐採後の用途が変更(林地開発)となる場合は以下の点にご注意ください。

1.林地開発面積が1ha以下の場合(小規模林地開発)は市へ届出

2.林地開発面積が1haを超える場合(林地開発)は県と許可協議

この記事に関するお問い合わせ先

林業課
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1     
電話:0894-62-6493
ファックス番号:0894-62-6532

メールフォームによるお問い合わせ